GALLERY : ギャラリー

DIGITAL SPEEDをご装着いただいたお車の中から、 一部をご紹介させていただきます。

*** ご装着いただいた方で掲載をご希望の場合は、電話またはメールにてご連絡ください。

Audi A5 SB 2.0Tfsi

何度見ても素敵な佇まいです。

Audi A4 B7 2.0tfsi

トルクコンバータのATのクワトロ 。少し重たいですが、かなり走れる車だそうです。

Audi S3
2.0TFSI

当初ECUチューニングについて、乗りにくくなるのでは?と心配されていました。しかし現代の技術では全く心配無用だとご理解されインストールを決断。 その貴重なご意見をこちらに頂きました。
          

Audi A5 SportBack 2.0TFSI @Neverland

2リッターターボでは最大級のトルクを誇り、大きさの割に軽快な回頭性は運転する者を驚かせます。

Audi TT RS @SoundWit

えっ・・「RS」です。遠く北海道より、喜んでお帰りになられたとのこと。

Audi S3 @DeeMark

そのパフォーマンスが体からにじみ出た精悍な顔つき。
 

Audi S8 5.2V10 @Strada

圧倒。ランボルギーニ的快速サルーン。ウルトラレスポンスを体感。
 

Audi A5 Sportback @Neverland

こうして眺めていて飽きないデザイン性に感心。
 

Audi RS6 4.2biturbo @Garage ELF

高速ツアラーという言葉がありますが、これはそのベンチマークではないでしょうか。 圧倒される何かが・・あるようです。
 

Audi A4 B7 2.0TFSI @DeeMark

シングルフレームとなったアイコンが上品さを漂わせますが、走りも十分満足です。
 

Audi A4 Avant 1.8Tfsi

DIGITAL SPEED装着後、1年を経過してのご感想をいただきました。

     

Audi B8 A4 1.8Tfsi
@Strada

車両販売実績に伴ってか、ECUチューニングでも大躍進のAudi。文句無しに実用にも貢献するでしょう。

 

Audi S4 B6 4.2V8 @DeeMark

NA車でもECUチューニングによる楽しさはTurbo車のそれに引けを取らないと思います。オーナー様との再会に感謝!
 

Audi S3 2.0TFSI

ECUのチューニングを余裕で受け止める抜群のシャーシ性能。Forge製強化DVも同時装着されていました。

Audi TT 3.2 "BUB premium"

走り出してすぐに、これが格別なセッティングがなされたクルマであることが感じられます。

Audi RS6 4.2biturbo @DeeMark

スーパースポーツ限定の速度域に平気で入り込めるスペシャリティ。
 

Audi B8 A4 1.8TFSI @AutoBrain
 


もう少しの余裕と楽しさを・・・と思った時に適切な選択。

 

Audi TT 2.0TFSI @BornToRun
 

TTsのエクステリアを基調として美しくまとまっています。

Audi A3 1.4TFSI
 

小排気量でこそ良くわかるのですが、そのクルマ本来の持つ長所は生かしたままのチューニングですので、ネガティブな部分が見つからない所がスゴイなと思います。

Audi A4 B6 2.0
 

ノーマルでは出足で気になるCVTの動きが、このECUのプログラムによって改善されるといいですね。
特にNAオーナーには、ECUチューニングの効果はどうなの?と疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。
DIGITALSPEED全体ではNA車両の施工がターボ車両の施工数を上回ってる事実もこの答えの一つです。

Audi RS6 C5 4.2 biturbo
 

今まで姿を見せることがなかった[モンスター?]がきっと顔を出すことでしょう。

Audi A4 avant 8K 2.0TFSI
 

どちらも以前に施工いただいたお車ですが、サービスキャンペーンのため再チューニングです。

Audi S3 2.0TFSI

ユーザー様から貴重なご感想を頂戴いたしましたので、ご紹介させていただきます。

Audi TT 3.2 quattro
@Mas racing

カタログスペックだけで判断するとNAエンジンの場合は、ほとんど変化が無いように思われていたようです。でも、実際乗ってみたらその変貌ぶりに驚かれた とのこと。

Audi A4 1.8TFSI
@Vainqueur

ユニットだけが送られてきました。遠方の方でも臆するはありません。単体でも何の問題もなく施工が可能となりました。

Audi A3SB 3.2quattro
@Autobrain Absolute

Stronicのチューニングと共に施工いただきありがとうございます。NAならではのプレミアム感が漂います。

Audi A8 4.2
@Autobrain Absolute

フルサイズなボディーにも拘らず、軽快な走りを披露するA8。ASFの恩恵か・・・
DPT設置店なので施工までの日程が短縮されます。

Audi S3 2.0Tfsi

通常の2.0TFSIとはタービンの大きさが違います。まだ走行300kmも満たないので思いっきり遠慮してアクセルを開けますが、その猛獣の片鱗は垣間見ることができます。

Audi A5sport back 2.0Tfsi
@NeverLand

先日初上陸したばかりだと思ったら、もうすでに私たちを待って頂いてました。


Audi A4 B8 2.0tfsi

 

ディーラーのサービスキャンペーンでStronicの動作もスムーズになり、ECUチューニングで走りに大きな余裕。


Audi A5 2.0Tfsi
@GarageELF
 

まだ納車間もない2010モデルのA5です。ECUも当然ながら最新のものが装着されていました。
 


Audi S3 8P
 

2.0tfsiエンジンではトップレンジのユニットが搾り出すパワーをジェネレーション4のハルデックスで余すところなく路面に伝える。さらに内装豪華な上に5ドアによる実用性高い・・・ S3という選択。


Audi RS6 5.0V10 biturbo
@AutoBahn

V10という希少なエンジンにツインターボを持つスーパー孤高な存在をさらに
チューニングによって高める・・・なんという贅沢!


Audi Q5 2.0t
@AutoBahn

VAGグループ2.0tfsiエンジンのなかでも群を抜くトルクの持ち主。


Audi RS4 8D
@DeeMark

コスワーステクノロジー社にチューニングを任された2.7バイターボ。
その加速には衝撃が走ります。


Audi TT 2.0t quattro
駆動システムはクワトロにもかかわらず、FFモデルより公称燃費が良い新型エンジン。絶えず技術は進歩しているのですね。

Audi Q5 2.0t
@DeeMark
新しいプロテクションモジュールが組み込まれた2010年モデル。
ヨーロッパECUチューニングの世界でもこの新ユニットと通信できるのは、高い技術を持っているチューナーだけです。

Audi A4avant 2.0t quattro B8
以前にお乗りの国産車もECUチューニングをなされていて、その効果を十分に堪能されたそうです。今回は輸入車ということで国産車とはまた違った魅力を発見されるのでしょう。きっと・・・

Audi A5 2.0t quattro
こういう雰囲気のあるクルマは、意味も無く走らせたくなりそう・・・

Audi A4avant 2.0t quattro
車の外から見る限り十分に大きさがあります。しかしそのドライビングは
重心が低く回頭性もよく、もちろん抜群の加速で軽快そのもの。

Audi A3 3.2 ecu&DSG Nür spec
@DeeMark
Stronicのスポーツシフトを同時装着したECU最強コンビ。

Audi RS6 C6
世界を代表する超高速ツアラーをさらに速く・・・

Audi RS6 4B
@DeeMark
コスワースメイドのエンジン。その怒涛の大トルクには特別な何かを感じます。

Audi A4 2.0Tfsi quattro
@NeverLand
乗せられるクワトロから操るクワトロへの進化、デイライトやニードルスイープなどのクルマの楽しみ方も進化しているようです。

DSG Nür spec TT 3.2
@FobSchrank
クルマを操縦するとき、私はギアシフトと自分の気持ちがシンクロした時の爽快さを知っています。

Audi TT 8N 1.8T quattro
@EuroStage
輝きを失わないデザインです。ターボチャージャーがしっかりと主張します。

Audi A4 2.0Tfsi quattro @EuroStage
眺めて良し、乗って良し、ですね。

Audi A4 avant 2.0T quattro
@エスファクトリー
ノーマルでもトルクの大きさに驚きを隠せないクワトロ。そして、上級エンジンを積むモデルに追いついてしまう実力を持ってお帰りになりました。

Audi TT 2.0t quattro
@エスファクトリー
そのクルマに好感を持つ、好きになるファクターの一つとしてエンジンから受ける印象は割りと大きな要素だと思います。その感触を好まれるそれへと変化させるのがDigitalSpeedの特徴でもあります。それはユーザーからのフィードバックが物語っています。そして、この日をきっかけに始まったユーザー様とのつながりを大切にしていきたいと思います。

Audi TTs
@MASレーシング
手に触るものすべてが上質なフィニッシュの操縦席・・・浸れます。

Audi A6 3.2 FSI
@ボーントゥラン
高速のクルージングには定評があります。その安定性の高さ故、アウトバーンでも飛ばしてるAudiが多いとか。

Audi B8 A4 avant 1.8tfsi Sline 
@ボルクスアオトス
ヘッドライトのスモーク化がさらに精悍さを際立たせています。

Audi TT 2.0Tfsi quattro
@ユーロコレクション
TTが3台目というので恐れ入ります。アルミ複合シャーシによって機動性とトレードされていたトラクション不足はquattoro採用で皆無となり、さらに直噴エンジンもポテンシャルを増強されたものへと世代交代したことによって完全無欠のドライバーズカーに成長。

Audi S3 2.0Tfsi quattro
 
TTsのパワープラントと駆動系を共にしたスーパーマシン。ファミリーユースも可能なエンスー車。

Audi B8 A4 avant 1.8tfsi
 
CVTの弱点の克服に寄与し、軽快さをGET。重心の低さを感じるドライブフィールに加え、高級な空間が演出される。

Audi A4 1.8Tfsi
@ネバーランド
Maxパワーはエンジンを評価する上で一つの指標となるものですが、通常の走行においてその恩恵を受けることは稀です。それよりもっと大切なことがあるよと教えられます。

Audi A3 2.0Tfsi quattro
@ネバーランド
このクアトロを待たれた方も多いのではないでしょうか。
低回転域から増強されたトルクを無駄にせず路面に伝えます。しかも自然に。

Audi A3 1.8TFSI
@ストラーダ
上質なAudiフィールはそのままに、よりアグレッシブ!

Audi TT roadster
@Masレーシング
美しく引き締まったSラインのエアロボディ。走りも実に美しい。

Audi RS4 4.2FSI Stage2
@Masレーシング
限定のホワイトリミテッド。Milltekブラックテールのスポーツマフラーに加え、キャタライザーを装備して基本性能を向上させ、Stage2プログラムがその性能を最大限に発揮させてくれる。きっとその咆哮が高まった時、至福の時間が訪れるのでしょう。

Audi A3 2.0FSI
@ユーロステージ
送っていただいたECUユニット。明日から毎日の通勤にも楽しさが一つ増えます。

Audi  TT 8N 3.2 quattro
いつまでも輝きを失わないのは、作り手の情熱と完成されたパッケージングによるものでしょうか?楽しいクルマです。

Audi A4 B8 1.8Tfsi
 
なんとなくゆるかったCVTの動きも軽やかになり、とってもお買い得な商品だそうです。

Audi A4 B8 1.8tfsi
 
どこから見ても全く隙がありません。力強くなった表情に豪華なインテリア。さらに走りに余裕を持たせ、長距離移動も楽に行きましょう。やってみて良かったとお話が聞け たことが大きな喜びです。

Audi A4 B7 2.0tfsi
@ガルフストリーム
純正に少し飽きた感が出てきたら、まだ見ぬ次の世界にステップアップです。

Audi RS6 4.2turbo
@シュポルト
この加速Gの大きさはとんでもないと・・・

DSG Nür spec Audi TT 2.0TFSI
@MASレーシング
その走りを、より自分に近づけるために選択されるアイテム!

Audi TT 2.0TFSI
@MASレーシング
スタイルを超えるほどの走りを披露。軽快かつパワフル。

Audi A3 2.0TFSI quattro
@MASレーシング
新エンジンを得たクワトロ。パワーが上がっても余裕のシャーシ性能です。

Audi A3 1.4 TFSI
@MASレーシング
これこそチューニングの極意かもしれません。燃費性能を重視したドイツ製ハイテクカーを、何も失うことなくドライビングプレジャーを獲得すること・・・

Audi TTS
@MASレーシング
格別な1台。300psを越すパワーを軽量シャーシに載せたクワトロシステムが
路面を豪快に蹴り、的確に止める。悦に入る一瞬です。

Audi TT 2.0TFSI
@ガルフストリーム
このエンジンの真骨頂はECUチューニング後に見えてくるような気がします。
何といってもシリーズ一の軽快さがドラバビリティを高め、スポーツドライビングを満喫できます。

Audi RS4 Avant4.2FSI
@ネバーランド
毎回、このエキゾーストを耳にする度に胸が高鳴るのは私だけ?

Audi Allroad2.7t
 
高級感あって、楽に遠乗りできる車です。決して軽くはありませんが、アクセル踏むと結構スゴイです。

Audi A3 sportback 2.0TFSI and DSG Nür spec
@ガルフストリーム
2.0TFSIの決定版。定評のECUのチューニングに加え、それをさらにDSG Nür specでポテンシャルアップ。走ることが楽しくて楽しくて・・・。

Audi A6 Allroad 4.2FSI
@グランドスラムリー
Audiにアルファロメオからイタリア人デザイナー デ・シルバが移籍してから
与える印象が大きく変わりました。個性がはっきり現れて、それに伴ない
ドライバビリティにも変化が起きたように感じます。Audiは成功したといえるでしょう。そして、デジタルスピードはその良い個性をさらに際立たせてくれることでしょう。

Audi RS6 4.2 turbo
@シュポルト
限定版"RS6 Plus"。ATのコントロールユニットの抑制までも変更して、
このクルマの真の実力をGET!

Audi TT 8N 1.8T Quattro sport
@オートブレイン
希少な名車。シングルフレームな顔つきも印象深いです。
走り去るエキゾーストサウンドにも惹かれました。
DSG Nür spec
Audi TT 3.2quattro 8N
@シュポルト
VAGがダブルクラッチシステムを満を持して世に出したセンセーショナル
モデル。メーカーには望めないソフトウェアアップデートをデジタルスピード
で実現。

Audi S3 8P
 
初のS3です。パッケージはTTsと同等、高性能を気軽に楽しめるよう躾けられたスペシャルな1台。でも踏むとコワ〜イ・・・

DSG Nür spec for 8JTT 2.0tfsi
 
APRにてチューニングされたエンジンをDigitalSpeedのシフティングで積極サポート。

Audi TT 2.0tfsi quattro
@MASレーシング
納車後間もないクアトロモデル。リア側の駆動が感じられます。FR好きも納得させたいAudiの戦略。

Audi TT 2.0Tfsi Quattro
@Masレーシング
シャーシ性能が格段に向上したquattro。どんなパワーもシッカリ路面に
伝えます。この軽快感は特筆モノ!

Audi RS6 4.2biturbo
オーバー500psのチューンドに存在する、背筋にゾクッとするあの戦慄が走りました。
ユーザー様から詳細なコメントを頂戴いたしました。

 

Audi S6 4.2
@グランドスラムリー
スーパースプリントサウンドと絡み合って、すごくいい音を発していました。隅々まで手入れが行き届いていて、クルマが嬉しそうです。
 

Audi A3 quattro 2.0TFSI
@エスファクトリー
パワーアップしたエンジンパワーを十分に路面に伝達できるようになったクアトロ。
さらに上を狙えるDSGプログラムの開発が待ち遠しい・・・

 

Audi TT2.0 TFSI
@ユーロコレクション
 
いろんな方から人気の高いTT。日本においてDigitalSpeedの知名度はまだまだですが、そのトルク感の大きさからユーザーの満足度は高いようです。
 

Audi A4 quattro 2.0TFSI
@エスファクトリー
待望のクアトロモデル。エンジンも新開発のハイパワー版。

ご検討の方は、まだ慣らし中ながらチューニングを終えたばかりのユーザー様から感想をいただきましたので、ご参考になると思います。ぜひご覧ください。

 

DSG Nür spec
Audi TT 2.0tfsi
@ネバーランド
 
・・いつものようにボンネットを開けると、オヤッ・・キレイ。同日3台のTTにDSG Nür を・・・エンジンのチューニング効果が100%発揮されます。
 

Audi TTS @MAS-racing
 
納車前のTTS。ノーマル状態を知らずとも、しっかり感るチューニングマインド。
 

Audi A6 4.2FSI quattro 
@ガルフストリーム
完成度の高いクワトロシャーシにFSIエンジン。高回転まで精細かつ力強く駆け上がっていく様は高級そのもの。
 

Audi R8 4.2
@オートブレイン
スーパースポーツオブAudi・・・R8。この仕事をしていて、こういうクルマにも出会うチャンスがあります。正直、童心の自分がそこにいます。
*写真が無かったので、作業履歴として他のクルマの写真を掲載しています。

 

Audi RS6 4.2 biturbo
@オートブレイン
 
デジタルスピードではTCUまでも書換えしなくてはなりませんが、これにはワケがあります。大幅にパワーアップしたエンジンを受け止めるためにトランスミッションをそれに適合させる必要があるのです。
 

Audi RS6 4.2 biturbo
@オートブレイン
 
同じ日に同じクルマ。しかも稀なRS・・・。聞けばお互い初めてお会いするとうことでした。意外というのはオモシロイです。
 

Audi A3 1.8TFSI
@オートブレイン
 
シャーシ性能がバツグンなので、チューニングしたこのトルクとのバランスってかなり良いと思います。
 

Audi A3 1.8TFSI

 
この1.8TFSIエンジン搭載車のチューニングの完成を待たれていた方が多いようです。
 

DSG Nür spec for
TT 2.0TFSI

 
ECUチューニングの効果を最大限に路面に伝え、さらにドライバーの意思にぴったり沿うように動きます。
DSG Nür spec for
TT3.2 S-tronic
車庫入れ程度の超低速域から、フルスロットル時までギアシフトの変化があります。
このページをご覧になられる方はキットその動きに共感を抱かれることでしょう。
Audi A4 B8 1.8TFSI 速くなったクルマはいい顔してますね。
 
Audi TT 2.0TFSI
@MASレーシング
チューニングの恩恵は、流してても感じるこの只者でない感触。
DSG Nür spec for TT 8N 3.2quattro
@MASレーシング
このクルマによって、DSGシステムが日本に初めて入ってきて、そのシステムに驚きました。
もちろん最新のDSGは改良を重ね、進化しています。
DigitalSpeedでは、この当初のDSGも現在の技術で進化させることが可能です。

Audi TT 2.0TFSI Quattro

 

軽いノーズにポテンシャルを高めた最新の2.0ターボ、さらにクワトロシャーシを得た欲張りモデル。
オーナー様の熱いハートが伝わり、チューニングが完成しました
DSG nür spec for Audi TT 3.2
 
まだまだ、マニアックな類のDSGチューニングですが、この世界を一度知ってしまうと、もう後へは戻れません。自制心の弱い方・・・要注意ですヨ。
 
Audi 2.0FSI
@エスファクトリー
BSS10でレベルアップした走りを満喫!
直噴NAエンジンは楽しいです。
Audi RS6 5.0V10biturbo
 
クワトロ社最高峰のV10をコントロールするのはこの2つのユニット。ノーマルで十分なパフォーマンスを発揮してくれるのですが、これでその上をゆくチューニングを手中にするのは最高の贅沢です。
Audi A4 B6 1.8T
@ガルフストリーム
ブーストコントローラーでのチューニングから本格的なECUでのチューニングに移行。特性の違いにビックリです。

Audi TTS

 
ターボモデルとしては、トップエンドまで楽しめる特性を持つ稀な存在。やはりこれを選ぶ方は腕達者なお方です。
Audi RS4 4.2FSI
 
クワトロGmbHの官能的なV8。卓越したシャーシに加えて、おそらく最後のMT。男のクルマ・・・。
Audi A3 (8P) 1.8TFSI
@ガルフストリーム

大変気持ちいい回転フィーリング。オーナー様から第一印象が届きました。ありがとうございます。
Audi TTS
@MASレーシング
2.0TFSI最強モデル。静かにアイドリングしている時でさえ、只者でない鼓動を発し、ドライバーに緊張感を促す。まさにポルシェイーターとして十分な実力と言えるでしょう。

Audi TTS
@MASレーシング
 
RS系に共通するメーカー公認チューンドの雰囲気がプンプン漂うモデル・・・

Audi S4
4.2 V8
@ネバーランド

 
出来のいいクルマは、いつまでも色あせないどころか、益々味が出てきますね!
Audi RS6 5.0 V10 biturbo プレミアムカーの加速Gはどれも凄いですが、このクルマは少し違います。275で20inchのPzeroのグリップを4本フルに使いきった加速は、まるでジャンボの離陸の時と同じです。しかもそれが延々と続くのです から。凄すぎます・・・
Audi TT 2.0TFSI
@ネバーランド
品を保ちながら、ハッと振り返ってしまう気合の入ったカスタマイズのお手本。
走りは決め手のデジタルスピード!
A6 Allroad 3.2FSI

NAエンジンでしかもヘビー級ですが、インプレッションが届いております。

コンピュータチューニングは目に見えるものではありませんので、人に見せて楽しむ事は出来ませんが、自分自身は毎日楽しめるモノだと思います。

 
Audi RS4 4.2FSI
@ネバーランド

RSには共通するオーラを感じます。そのチューンドには、さらにいい緊張感がみなぎる感じが・・たまりません・・

 
Audi A4 1.8 Turbo
@MAS racing

クワトロシステムを搭載したAVANT。重量が嵩んだボディーには、これくらいのトルクの増加がベストマッチ。メンテナンスを怠らなければ十分楽しめます。

 
Audi A4 2.0 20V
@Garage ELF

まず、ファーストインプレッション・・動き出した瞬間、軽くなった感触が伝わるようです。。
 
Audi A4 2.0TFSI
@Wakabayashi

直噴ターボエンジンの潜在能力は計り知れません。ソフトウェアをグレードアップするだけで、これほど大きな変化はとてもありがたい。扱いにくさなど、全く危惧することがないのもGOOD。
 
Audi RS4 4.2 FSI
@オートブレイン

ノーマルでもECUチューニングされているかの如く、アクセルを踏むのが楽しいエンジン。
これをさらに何倍も楽しませてくるようになります。こういう部分にDigitalSpeedの大きな実力を感じます。

 
Audi A6 Allroad 4.2 FSI
@ネバーランド

洗練された美しいスタイリングに高級感漂うインテリア。アウディのハイテク技術がテンコ盛り。
パワーアップは勿論のこと、デジタル満載の中で、どこかアナログ的躍動感を持ったエンジンへの変化がうれしい。
Audi  TT 3.2 quattro

この卓越したシャーシを纏ったエンジンのパフォーマンスを向上させる近道は・・・コレだ・・・!
Audi A4 (B6) 1.8T
@Wakabayashi

バツグンの安定感を提供するクワトロシステム搭載のため、重量が嵩んだボディを軽快に変身。
Audi TT 2.0TFSI
@MAS-racing

TFSIエンジンとDigital Speedは、定評の組み合わせ。さらにエアクリーナー
やマフラーなどで様々な味付けに変化します。
Audi S5 4.2FSI
@オートブレイン

このデザイン、どこから見ても美しい・・。

⇒ 
貴重なコメントをありがとうございます。
私たちの明日の元気の源です。
Audi Allroad 4.2 V8
@ボルクス アオトス

数値以上にトルクが増加したような・・と、ファーストインプレッション。
Audi A3 sportback 3.2

パワーを出すのが難しいエンジンなのですが、この真夏の猛暑の中、
この
記録(ノーマル実測比+18.3ps)は立派です。
各部をリフレッシュしたので、回転がとても滑らかになりました。
Audi RS6 4.2biturbo

超ド級のハイパフォーマンスカー。チューンドはノーマルとはかなりの差を感じます。ネバーランドにて。
Audi A4 1.8T B7

成熟の1.8T。オーナー様からうれしいコメントが届きました。


⇒ 
Audi A3 sport back 3.2 V6

VAGのエンジン技術者がエンジンによる快音を追求して、フェラーリのエンジンをかなり研究したという話があります。
その技術は、このV6エンジンのクランクシャフトに生かされているとのこと・・・。だからあの吼えるようなサウンドが聞けるのですね。
Audi RS4 4.2 FSI

遠方の場合はこのようにユニット単体を送付していただいています。このクルマは、高精度制御のためセカンダリーユニットを搭載。
Audi S5 4.2 FSI

早くもS5です。ご購入車両の毎回のチューニングありがとうございます。
クラッとくるデザインの美しさ・・・。
 Audi TT 1.8T roadster

豊かなトルクで、6MTでも楽に走れます。
 Audi TT 1.8T

このボディを好む人は今でも少なくありません。
円熟の1.8T。パワフルです。
Audi A3 Sport Back 2.0FSI

Mercedes B200 turbo

新潟ユーロコレクションで一コマ。
こちらで詳細が掲載されています。

  ユーロコレクション
Audi A4 2.0TFSI DTM Limited

仕上げの良い純正カーボンパーツがふんだんにあしらわれたDTM。定評のTFSIチューニングです。
Audi A4 2.0TFSI DTM Limited

仕上げの良い純正カーボンパーツがふんだんにあしらわれたDTM。定評のTFSIチューニングです。
Audi TT Roadster 2.0TFSI

見る者に新鮮なロードスター。タイヤグリップのキャパシティを超越するパワフルさの中に、扱い易さが同居したチューニングです
Audi ALLROAD 2.7T



熟成された2.7turbo。いい意味で、ターボエンジンながらNAの味わいを醸し出すチューニングです。
Audi A6 2.4 V6

どこをとっても高級な味わい。トルクの増加は体感できると言われてます。
Audi RS6 4.2 biturbo

クワトロ社渾身の逸作。超高速域においては、他の追従を許さない絶対的安定性を誇ります。
 Audi TT 2.0TFSI

直接、ファクトリーまで足を運んでいただきありがとうございます。
今回は作業に少々時間がかかってしまいましたが、快くお待ちいただいてありがとうございました。

Audi RS4 Avant Black Limited

恒例の「ネバーランド」のDigitalSpeed Day を代表して掲載。
今回は夜遅くまで時間がかかりましたけど、テストランニング後のY社長の満面の笑顔が印象的でした。

 Audi A6 (C6)  4.2 V8

凛々しく押しのあるフェイス。エンジンも快活に変身。
 

Audi RS4 4.2 FSI

この強靭シャーシに、この官能エンジンに、この上質なインテリア。
素晴らしいです。このエンジンをコントロールする2体のMED9ユニットに対し、OBDからのインストールを実行。

 

Audi A4(8D) 1.8turbo quattro

とても大事に乗られているおクルマです。エンジン自体のキャパシティは十分ですから、メンテナンスを怠らなければ、安心して楽しめますね。

 Audi A6 Allroad 4.2FSI

MMI技術による統合電子制御で車両全体を支配。将来のクルマ像を感じます。
しかし、その中でも幾ばくかのアナログチックな感覚とドライビングプレジャーを求める方にお勧めします。
 Audi TT 2.0TFSI

FFレイアウトの中では、かつてないドラバビリティを誇るシャーシを、パワーアップされたエンジンが更なる楽しさを与えてくれます。
 Audi TT 3.2 Quattro

モータリゼーションにおいて先輩であるオーナー様は、同時に人生の先輩でもあります。 初対面ながら、クルマへの思いや考え方には過去に味わったことの無い刺激を感じ、さらにそれがとても幸せに感じます・・・
 Audi A6 3.2FSI

シャーシバランスのうまく取れたボディに最新技術の直噴エンジン。 ストックでは、若干重たさを感じますが、DigitalSpeed効果で軽やかに〜。
 

Audi RS4 4.2 V8 FSI

2つのコントロールユニットを使って常に緻密な制御がなされる4.2FSIエンジン。
運転する者に喜びを与える極上のユニット。

 



そのドライビングを支えてくれる猫足とも思える極上のサスペンションも持ち味の一つ。 絶対的安心感がそこにあります。
すべてがスペシャルです・・・

 

 Audi A4 2.0TFSI

最新技術TFSIの縦置&トルクコンバータ仕様。 ECUチューニングよって、より楽しく、さらに経済的変化を含めた進化の要求にお応えします。
 Audi TT 2.0 TFSI

渋みのあるボディカラー、初めてみました。2リッター最強にして、高級感とドライビングプレジャーを合わせ持ったクルマです。
Audi S3 1.8T

レアなお車です。ノーマルボディよりふっくらとしたフェンダーが存在感をアピールします。マフラー交換して本領発揮 !。
Audi A4  (8D) 1.8T

外装・内装ともにビカビカで、しかも自分仕様のモディファイもしっかりなされていかるらでしょう、オーラを感じます。これでさらに ドライビングの楽しさが感じ取れるのではないでしょうか・・・。
Audi TT 2.0Turbo

シューティングブレイクを想わせる顔立ち。他にも強烈なアピアランスが多数です。内に秘めた速さが容姿に現れる・・・
Audi TT 2.0Turbo

素晴らしいポテンシャルを秘めたクルマです。せっかくですから、十分その性能を引き出してあげましょう。
 Audi TT 2.0TFSI +
スポーツキャタライザー

ストックの状態でも素晴らしいパフォーマンスを発揮するこのエンジンに、
Milltek製のキャタライザーをセットし、専用プログラミングを施工。
更なるエクストラパワーを発揮!
 Audi RS4 2.7 Biturbo
車にはチューニングして初めてみせる顔があります。それがこの車の場合は、製造を担うクワトロgmbhの思想がはっきりと現れました。その世界に引き込まれてしまいそうなimpactです。
↑ 

Milltekエキゾーストと共に素晴らしいサウンドを奏でます。
Audi TT 3.2 quqttro
駆動力配分の変更が加えられた新クワトロ。3.2Lエンジンが乗るノーズは、その重さが感じられないほどに軽く
インテリジェンスなドライビングプレジャーが味わえます。

最高のマッチングを見せるVAG3.2エアインテークキット(限定RED)と相まってエンジンルームを覗く楽しみも・・・

 

 Audi A3 1.8T

ヨーロピアン パワーウォーズの火付け役、1.8turboエンジン。
この180psエンジンはとてもパワフルで、しかも丈夫です。
Audi RS4 V8

このエンジンはまさに珠玉の名機!
心にしみる音を奏でてくれます。そして、シャーシは格別のウェルバランスと高剛性を与えられています。造り手の熱い気持ちが伝わってきます。
 Audi S8 V10

あのガヤルドの血統をひくエンジンはとてもトルクフルで精緻。
何よりこの大柄なASFボディの軽快さに圧巻!
Audi TT 2.0 TFSI

AudiのSport魂が非常にうまく表現された車です。
Audi TT 2.0 TFSI

このシャーシを下から覗くと、車両価格が高いのが納得できます。Audiのアルミ技術の高さが垣間見えます。
 Audi TT 2.0 TFSI

ドイツ本社の開発力は、定評どおり迅速かつ正確です。世界中のユーザーが待ち望んでいるわけですから。
Audi S4 8E

たいへん車にお詳しいオーナー様で会話が弾みます。貴重なご意見、ありがとうございました。
Audi RS6

超ド級モンスター。でも、ちゃんと人に優しいところがAudiです。
AT ECU on RS6

当然これも書き換えて、大幅なトルク増大に対応させなくてはなりません。
Audi A4 1.8T
燃焼効率を高めて排気をクリーンに、しかも安全マージンもしっかり確保。不要なカーボンが溜まりにくいので、お車にはこの方が優しいのかも知れません。
Audi A3 1.6 (8P)

作業中の写真でごめんなさい。
走りは見違えたようです。これがNAの醍醐味ですね。

 
Audi A6 3.2 FSI

まるで排気量が上がったかのようなトルク感!
 
Audi Q7
初めて見ました。この造型、迫力ありますね!素晴らしいカスタマイズがなされていました。こんなすごいQ7は、きっとほかに無いでしょう。
Audi S3
このフェンダーの膨らみにウットリします。このトルクに酔いしれます。
Audi RS4 4.2FSI
こっ、これはアウディの形をしたランボルギーニ???。
Audi A6 3.2 FSI
近くで見るととてもきれいな形をしています。オーナーの方はすごく喜んで居られるようです...
Audi A6 2.7 Biturbo
パッセンジャーシートで体感!
十分なトルクでした。
Audi A3 3.2
このパワーに負けないシャーシと、その気にさせるミッションはとても魅力です
Audi A4avant 2.0 8E
Audi A3 3.2 8P
オーナーのクルマへの愛情が満ち溢れています。素晴らしいエンジンです。


2010年まで